ドレスを着るときのアクセサリーの合わせ方

ドレスを着るときに考えたいのが、身に付けるアクセサリーです。身に付ける際は、過剰でけばけばしくなることは避けたいですが、だからといって全く付けないのも寂しいものですよね。考えることは、自分をどう見せたいかということを考えなくてはなりません。まずはドレスそのものを着て、自分の姿を鏡に写してみてください。どこが寂しいか、逆にどこが過剰かをしっかり見極めましょう。胸元が寂しいのであれば一粒の石のネックレスなどから始めるべきでしょう。コサージュなどがある場合はそれをつけても構いませんが、ボリュームのあるコサージュは時にネックレスと競合して、過剰な印象を与えるときもあります。アクセサリーを付ける時はコサージュを利用することはやめたほうがいいかもしれません。手元が寂しいことはよくありますので、その場合は華やかなリングなどを身につけるといいかもしれませんね。といっても大きな石は歳を取ってから似合うものですから、若い人がドレスを着るときに大きな石をつけていることはあまり好ましくありません。最近はアンクレットもありますよね。足首のためのアクセサリーは、ヒザ丈のスカートを着るときにとてもいいものです。ステキな装いのためにはアクセサリーも考えたいものですね。

ウェディングドレスを手作りする人へのアドバイス

結婚式で着用するウェディングドレスを、最近では手作りされる方が増えているそうです。一生に一度の結婚式ですので、手作りのものを着用することは思い出深く、その話題で花を咲かせることもできます。しかし、ドレスを作るということは非常に難しいことです。ウェディングドレスにはいろんなデザインがありますが、手作りをということならば、シンプルなデザインにするのがおすすめです。もしも、装飾をこり過ぎれば、手間も時間もお金も非常にかかることになります。それに、ウェディング仕様となればかなりの高額が予想されるからです。シンプルなデザインにすると物足りないと思われるのであれば、ご自分でこれは絶対にこだわりたいと思われる部分を見つけて、そこをポイントにして作っていけばいいでしょう。例えば布にこだわるとかレース使いにこだわるとかです。また、デザインに迷った場合は、実際にウェディングショップなどへ行かれて、見たり着たりすることをおすすめします。そうすることで、自分の好みのものや似合うものを発見することができ、作ることの手助けとなります。一人で作るのは不安だという方は、近所にある洋裁教室などを探して相談されることをおすすめします。そうすれば、失敗することはなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*