美しく着よう、ドレスのライン

ちょっと特別な日に着るドレスは、どうせおなじように着るのであれば、美しく華やかな装いをしたいものですよね。その中でも特に考えるべきなのは、その華やかなラインを出すためのインナーです。ドレスを着ると一概に言っても、内側にパニエを履いてふんわりとしたものにさせるか、それともストンと落ちた現代的なラインのものにするかを考えましょう。内側にパニエを吐く場合はウエストを絞ることを忘れずにしてくださいね。そして、インナーはワンピースタイプのようなものがいいでしょう。どこを出すかにもよりますが、ドレスの素材は時にとても吸湿性が悪くなるため、インナーによる調整がとても重要になってくるのです。そして袖や胸元など、インナーが見えてしまうことは避けましょう。キャミソールタイプのものではなく、ベアトップタイプのほうが好まれることもあるようです。着ようと思えば一枚を何通りにでも着回すことができますし、小物などでもとてもたくさんのコーディネートが可能になりますし、様々なシーンで着ることが可能です。1日の装いのメインになるものですから、とてもキレイに着たいものですよね。インナーによって快適にも美しくもなりますから、ぜひこだわりたいものです。

ドレスをカジュアルダウンして、カジュアルなパーティーにも

ドレスを購入するときにはとてもお金をかけますよね。高級なものをここぞという時に一枚だけ着たいものですが、ものによってはカジュアルダウンしてちょっとだけ特別な日にも着られるようになります。まずはジーンズやパーカーなど、カジュアルなアイテムを合わせることです。カジュアルダウンすることで、ちょっとだけ特別な日に着ることもできます。また、カジュアルな場に着ることで、いざという日のためにキレイに着ることができるようになりますよ。また、ニットと合わせることでもカジュアルな印象を与えることができますよ。お昼のランチにちょっと特別なところに行くくらいであれば、こういったものと合わせてもいいかもしれませんね。ショーパーティーやイベントとの併用でのパーティーについては、肌の露出度を上げてジュエリーやアクセサリーを併用することでもドレスを着る機会を増やすことが出来ます。ちょっとだけ特別だからこそ、ということですね。ベルトによるウエストマークでもラインが美しく出ます。ただ、ベルトをつけるとカジュアルダウンしないような印象を与えるものもありますから、ぜひ気をつけたいものです。ドレスを着るチャンスは少ないものですから、たくさんの場で着て、ちょっと特別な楽しい日を演出したいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*